case study diary #393

新春プラモ部

Feb
13

ひさーしぶりにアラフォープラモ部活動しました。
(組立てるより買うペースの方が早すぎて溜まる一方。。。)

ワタクシが今回作るのは1/700 ノーチラス号(1/20ナディア)

部活の時間内(6時間くらい)では、ノーチラスの仮組とナディアの肌を塗るところで時間切れ。
各部員の本日の成果。

皆が帰ってからはひとり残業開始。
この日のうちにとりあえずナディアだけ完成させようとひたすら塗装。
ジブリものプラモのフィギュアには瞳のシールがついてるので、楽にそれっぽくできるのだけど、このプラモには瞳のシールはなし。
自力で書かねばならぬので、今回、新たに拡大鏡と、ネットで評判良かった精雲堂の面相筆を購入。

拡大鏡の恩恵と、何度もやり直した甲斐もあり、それなりに満足いく顔は描けた気がする。
(肌の色が濃すぎたのがちょっと失敗)

本体のノーチラス号は何色に塗ろうかと。

本来は白っぽい色だけど、劇中は海の中にいることがほとんどで青っぽく表現されてるので、印象としては青の方が強い。
ちょうど、タチコマ用にグフカスタムのMSライトブルーのスプレー缶もあったので青く塗ることに。
そして、全体に青を拭いたところで、船底部の色が濃いということに気づく。。
濃い青のスプレーなかったので、濃い目の色を調色して筆で重ね塗り。
めっちゃ汚くなって、ここでやる気が半減。。

それでも、墨入れとつや消し吹けばなんとかなるだろと、一応作りきる。
うん、まぁ、なんとか、それっぽくは、なった、かな、、

とりあえず、1/20フィギュアの顔を描く練習はできたので、次はPLAMAXのミンメイ作りたいところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください