case study diary #393

ユロ氏

Apr
03

最近はめっきり映画館いってないのだけどこれは観ておかないとってことで。
イリュージョニスト

ベルヴィル・ランデブーのシルヴァン・ショメ監督の作品。
ジャック・タチの遺作の脚本のアニメ化ということでジャック・タチそのまんまの世界観。
主人公も完全にユロ氏な感じ。
ジャック・タチ作品同様、ほとんど会話なしでとても好きな雰囲気。
DVDを手元に置いておきたい、そんな作品だった。
あぁ、ベルヴィルももう一度みたくなってきた。

3 Responses to ユロ氏

  1. 僕も別の映画の予告で観ましたが、これ気になりますよね。
    シネマアンジェリカあたりでやりそうとか思ってたら劇場潰れてた…(泣)

  2. ジャック・タチ大好きなのでとても興味!!
    「ぼくの伯父さんの休暇」は夏の締めにいつも観てるよ :)

  3. >タカシくん
    あー、つぶれたらしいねぇ、アンジェリカ。。。

    関東は六本木と立川でしかやってないみたいだよ。
    もっと評価されていいと思うんだけどねぇ。

    >mahiroさん
    おー、タチ好きがいた!
    タチ好きならこの映画は超お勧めするよ!
    あと、監督のシルヴァン・ショメはタチの大ファンみたい。
    前作のベルヴィル・ランデブーもお勧めよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください